おいしい習慣

こんにちは!山口あゆ美です。

テレビをつけたら

毎日のように、体にいい食べ物、運動…

一体本当には

何がいいんだかわからなくなりそうですよね^^;




それでもやっぱり

「健康」「若さを保つ」「アンチエイジング」

なんていうワードに反応してしまいます。




だって、体もお肌もすべて

口に入れたもので出来てるから

食べ物は大切。




もう1年以上続けているのが

毎食のもち麦ごはん。



初めはスーパーや通販で買える

はくばくのもち麦を買ってましたが、

今のお気に入りはこちら♪



滋賀のJAで買っている

滋賀県産のダイシモチ。




ダイシモチの特徴は

アントシアニンの色素で

収穫時期に穂や麦の外皮が紫色になり

まるごと食べられるので

アントシアニンの抗酸化性、抗炎症作用や

血糖低下作用を活かすことができるそう。



普通に売っているもち麦は、

種類も違いますが、外国産、

ほとんどアメリカ産のもので

表皮が固いので、取り除かなければならず

せっかくの栄養分も活かされていません。



また、食物繊維が

玄米の約3倍、

精白米の20倍とも30倍とも言われ、

血糖値の上昇を防いだり

コレステロールを減らしたり

メタボを抑制したり

肌を保護し、生成を促す

β-グルカンという水溶性食物繊維を

非常に多く含んでいます。



もち麦は、押し麦とは違い、

プチプチ、モチモチした食感で

とても香ばしくて

今では白米だと、物足りなさを感じるほど

おいしく食べられるので

健康のために無理して食べる、

という感覚が全くありません。




我が家は米2:もち麦1と

かなりの割合で混ぜていますが

もっと少な目の割合からスタートされてみては

いかがでしょうか。