茶〜祈りと楽しみ@爲三郎記念館・名古屋

最終更新: 2019年11月4日

こんにちは!

アユフレンズの山口あゆ美です。


先日伺った武者小路千家若宗匠

ご結婚お祝い茶会のお土産で頂いた

1枚の招待券。


茶〜祈りと楽しみ

千宗屋好み興福寺中金堂献茶道具初公開

という展覧会。


画像は、古川美術館のホームページから

お借りしました。


私ごときが僭越ながら

若宗匠のセンスと博識と

プロデューサーとしての才能は

現代の利休ではないかと

先日のお茶会で

初めて若宗匠のお茶会に接し

ますます若宗匠の世界を

拝見したい!と思ったのでした。


そして、来ちゃった!名古屋まで!


爲三郎記念館という、古川美術館の別館。

名古屋の実業家

古川爲三郎氏の茶事を目的に建てられた

数寄屋建築と

段差のある地形を活かした日本庭園、

その中に佇む茶室から成ります。



もう…

入り口に近づいただけで

この坂道!

ナニコレハ!!

ステキスギル!!

と心臓がバクバク!!



ここで展示なんて

なんて贅沢なんだー!!


そして、

展示がまた素晴らしすぎて

想像を遥かに超えて

わたくし、

展覧会でこんな気持ちになったのは

初めて、と言って良いと思います!!


どんな趣旨かと申しますと

昨年執り行われた

興福寺の中金堂の再建落慶のお献茶


残念ながら

私はお手伝いに伺わなかったのですが

それはそれは素晴らしかったと

行かれた社中さんから伺っておりました。


若宗匠がプロデュースされた

そのお献茶のためのお道具一式を

拝見できる、という展覧会なのでした。