top of page

アカルヒメと真田丸

更新日:2019年4月17日

新しくスタートする「AYU SANPO」


内容をお伝えするために、今までの「足跡」をご紹介します。


テーマは「古代大阪の海岸線を歩く」


集合は大阪のディープゾーン「JR鶴橋駅」!!


この辺りは半島の東っ側で、波も穏やかで、だんだん砂も溜まってきてべちゃべちゃの土地になってきたところ。


コリア(ざっくりいうと)から渡ってきた人たちが九州~瀬戸内を船でやってきて難波に上陸。


その足跡を辿ってみよう、というのが1つめのテーマ。


私の愛読書「大阪アースダイバー」に詳しく載っています!


その場所を実際に歩いてみよう!


まず見つけたのが大小橋命(オオコバセノミコト)と書かれた祠。



おお!!


私も知らなかったし、本にも載ってない!!


この方、この辺りを開発したとされる人なんですよ。


大化改新の中臣(藤原)鎌足の祖だそうです。


鶴橋に「小橋(おばせ)」「東小橋(ひがしおばせ)」という地名があるんです。


そ~~んな古い地名なんですよキラキラすごくない??