八月天神寄席「源平合戦」〜能と落語の立ち位置

こんにちは!

AYU FRIENDSの山口あゆ美です。


落語を聞くのは数回め、

行きたかった天満天神繁昌亭に

初めて行くことができました!


綿絽の浴衣を夏着物として。

インスタの ayu_friends も見てね!


繁昌亭のある大阪天満宮の

天神さんの命日、毎月25日は

「天神寄席」と銘打った

テーマ落語会を開催されています。


今回のテーマは「源平合戦」。


私たちにも馴染みの深い

「平家物語」や「源平盛衰記」を

素材にした能の演目は

少なくありませんが

落語にも、

これらを素材にしたものが

あるそうです。


今回は

「高砂や」 桂吉坊

「袈裟御前」笑福亭松枝

「船弁慶」 桂坊枝

「景清」 笑福亭銀瓶


の四席。


とてもおもしろかったです!


手短にいうと

落語、ってエンターテイメント!


話すだけでなく

身振り手振りや仕草、顔、声色

まるでひとり芝居!


話の合間に挟む話(なんていうのかしら。)は

きっと演者により

違うでしょうから

そこも個性の見せどころ!


これだけの言葉を

淀みなくスラスラ言えるまで

口伝での稽古を

積んでこられていることにも

尊敬というか

すごい!という言葉しか

出てきません。


そうして

どの話にも言えることは

パロディなので

元ネタを知っていないと

笑えない!ということ!


松枝さんがおっしゃってました。


笑い、とは、理解すること、だ。

小学生に

「隣に囲いができたよ!」「へー」

はわからない、と。


なるほど〜〜!

奥が深い!!


合間に、能楽師の山本章弘さんと

阪大の高島幸次先生、

桂春若さんとの鼎談があり

これが実は一番おもしろかったのですが


山本章弘さ