大伴家持の足跡を訪ねて@高岡

最終更新: 1月27日

こんにちは!

アユフレンズの山口あゆ美です。



高岡の万葉歴史館を再訪することを決めた私に

またラッキーな出会いがありました。



たまたま開いた市の広報のページで

目に留まった「万葉講座」のお知らせ。



高岡市万葉歴史館館長の先生の講座があるなんて!

もう大喜びで聞きに行ったのです!



30年前の女子大生時代を思い出す

万葉集の歌の講義に心躍りました!



久しぶりに感じたこの感覚。。

感激しました!

あ~~、万葉集のお勉強したい!って思いました(*^^*)

学生時代、あんまり勉強しなかったから( *´艸`)



そして

講義が終わった後、思い切って先生に

今度万葉歴史館に行くこと。

私の教室の生徒さんのお父様が

以前館長をされていたこと。

などなどお話ししましたら

先生も喜んで下さり

高岡のまちのおすすめスポットを教えて下さって

おまけに

万葉歴史館の研究員の先生に

私の案内をお手配下さったのです!



そういうわけで

高岡では先生に教えて頂いた

家持の足跡を巡ることもできました。




この、なんともかわいい個性的な建物は

高岡市伏木気象資料館。

国登録有形文化財だそう。



1883年に廻船問屋出身の藤井能三が

伏木港を大型汽船が隣接できる近代港湾とすべく

私費で設立した、全国初の私立測候所だそうです。

越中国守館があった場所だそうです。



海を臨む高台にあります。



ここから家持も、この景色を見ながら

歌を詠んだのでしょう。



朝床に聞けば遥かし射水川

朝漕ぎしつつ唄ふ船人



すぐ近くに家持さんの銅像が。




しなざかる越に五年住み住みて