娘の卒業式の仕度は生花のヘアアレンジで

こんにちは!大阪・枚方の着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルの山口あゆ美です。



怒涛の3月が終わり、早くも4月ですね。

ご卒業、ご入学、ご入社されたお子さま方、皆様、おめでとうございます!



我が家の子どもたちもおかげさまで、下2人が社会人になり、私の子育ても暫定終了を迎えました!長かった~~~。。。(笑)



またその話は別の機会にするとしまして、

今日は、娘の卒業式のお仕度の様子をご覧頂きたいと思います。


~~


こちらが完成図!






ヘアアレンジもわたくしが。




今回、袴を着るにあたり、せっかくなのでレンタルではなく正絹の振袖を着たい、と言う娘の希望で、成人式に着た振袖を着せるつもりでしたが、たまたま古着屋さんで見つけた紫の振袖を娘が気に入りました。

(超プチプラ!)





「成人式が赤かったから、次はちょっと大人っぽくしたい!」と言いまして。。。

とても品のいい絞りと金駒刺繍を施したお振袖だったのですが、紺の袴に合わせるとちょっと地味過ぎるかなあと思い、それなら髪飾りを生花にしよう!ということに。




東京の娘の下宿の近くのお花屋さんでお花を買い、1本ずつワイヤーをかけてパーツを作ります。

これは私、元フラワーアレンジメント教室をしておりましたので、昔取った杵柄(笑)




余談ながら、私の結婚式の頃のブーケはこうやって1本ずつワイヤリングして組み立てていたんですよ~。今は便利なブーケ用のオアシスがあるので簡単ですが。



それを宿泊予定のホテルに持って行くのもひと苦労。

普通は箱に入れたり、タッパーに入れて持って行くのですが、引っ越しの荷造りをしてしまっていて何にもないため、大きなゴミ袋にクッキングペーパーを敷き、お花のパーツを重ならないように並べて霧吹きをして、なるべく傷まないようにそっと運びます。



ホテルのお部屋の冷蔵庫に入れて、翌朝いざ本番!



まずメイク → 髪をアレンジ。

とてもうるさいお客様なので(^^;慎重に致しました(笑)




お気に召して頂き、髪にお花をセットしていきます。



これがなかなか難しい。

若い人は髪がたっぷりあるので、髪を土台にしてアレンジしていくイメージなのですが、ワイヤリングしているのであまり触りまくってしまうと、花も傷むし、花首が取れてしまう恐れもあるので、できるだけ一発で決めなければなりません。



色やボリュームのバランスを見ながら完成!




後ろを鏡で見せたら、辛口の娘も「おお~~~!!!かわいい~~~!!!」と喜んでくれました( ´艸`)良かった良かった!



さあ続いては袴の着付け。



レンタル袴のお仕事で、大阪ですでに100人は着せているので、十分肩慣らしはできております(笑)



ただ、レンタル着物と違うのは、普通の着物は丈が長いので、その処理をしなければならないこと。長じゅばんと着物両方ですので、その分時間も手間もかかります。



はい!完成~!




春の嵐の1日で、風が強かったのですが、雨はなんとか持ち良かったです!


~~


思えば、娘に振袖を着せたくて人に着せることを学び、こうして袴も着せることができました。



今まで身に着けてきたフラワーアレンジメントやメイク、ヘア、そして着付け・・・とすべてがここに来て役立ち、母親として、娘の成長の最後を見届けることができて、本当に幸せだと思います(*^^*)



もしもこのようなお仕度を娘さんにしてあげたいとお考えのお母さまがおられましたら、どうぞお問い合わせ下さい!



練習に時間がかかりますが、ぜひレッスン致しましょう!親子ともにいい記念になると思います。



また、振袖、袴、普通のお着物、留袖の着付けも承ります。出張もできるだけご対応致しますのでお問い合わせ下さい、




お問い合わせ先はこちらまで♪






#成人式前撮り

#振袖着付け

#振袖前撮り

#振袖レンタル

#ヘアメイクも

#卒業式袴着付け

#枚方着物

#枚方着物着付け教室

#大阪着物着付け教室

#山口あゆ美

#サロンドヴィーヴル

#すぐに着られる着付け教室

#マンツーマンの着物教室

#卒業式着付け

#袴着付け

#袴着付けヘアメイク

#生花ヘアアレンジ







閲覧数:135回

最新記事

すべて表示