思い出を着る@会ったことのない亡き祖父の着物

こんにちは!大阪・枚方・着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルの山口あゆ美です。

昨日は久しぶりに雨が上がったと思ったら、今日もまた雨が降り出しました。



そんな中、我が家の庭に数年前に植えたミニバラが、今年はとても良く咲きました。

おうちのバラに合わせて、バラの帯を。

同じ色でした!




バラの水彩画のようなちょっと個性的な塩瀬の帯。





着物は、母の父(すなわち私の祖父)の形見の着物を祖母が自分の着物にと仕立て直したものなのです。

何紬かわからないのですが、ぼかしになっていて光沢もある、紬のいいの質感です。



母の父は、母が高校の入学式の朝に、起こしに行ったら、布団の中ですでに亡き人になっていたんだそう。。



若くして未亡人となった祖母は、おうちのお商売をしながら、娘たち4人を無事に社会に送り出し、夫を偲ぶ着物を自分用に仕立て直して着ていたのですね。



この着物を田舎の箪笥から発見した時、母がそのことを思い出し、話してくれたのでした。

「おばあちゃん、30代で未亡人になったんやね~。良くひとりで頑張ったね。。」と。。。



会ったことのない祖父の着物・・・

私が着てあげましょう。。。

天国のおばあちゃんもきっと喜んでくれていると思います。。。



#思い出の着物

#祖父の紬

#5月着物 #5月着物コーデ #季節を表す着物 #着物大好き

#きもの #キモノ #着物生活 #japanesetradition #kimono #歴史好き #大人の着物 #着物を楽しむ #50代を素敵に生きる #着物好き #今日の着物 #50代からの着物 #普段着物 #kimonolife #サロンドヴィーヴル #今日の着物コーデ #ショートヘアで着物 #大島紬アンバサダー #サロン・ド・ヴィーヴル #山口あゆ美










閲覧数:91回

最新記事

すべて表示