東京vs大阪 地形自慢バトル@ナカノシマ大学

最終更新: 2019年4月16日

こんにちは!山口あゆ美です。

今日は、だいぶ前から楽しみにしていた

「東京vs大阪 地形自慢バトル」というトークイベントに

参加してきました(^^)

大阪代表は

「大阪高低差学会」の新之介さん。

東京代表は

「東京スリバチ学会」の皆川典久さん。


お二人の本は私の愛読書(笑)

サインもしてもらっちゃった(^^)


私のだ~~~い好きな地形のお話!

まずは新之介さんによる大阪のお話から。

大昔、縄文時代の大阪ってこんなんだったんだよ!


ほとんど海の中!!

上町台地だけが、半島のように突き出ていました。

もう、隣の見知らぬおじさんと

「うんうん!」って頷きながら(笑)

ものすごいメモって一生懸命聞いた!!

思えば

私がこういうことに興味を持ったきっかけも

「地名」に興味を持ったからだったんですよね。

子供時代住んでいた中津の家の前に

富島神社っていう神社があって

「どうしてここは海のそばでもないのに

島って名前がついてるのかなー」

って思ったのがきっかけ。

長年の謎を明らかにする歴史散歩も

企画したいなあ~!

続いて東京のお話は皆川さん。

東京って本当に坂が多いですよね。

大阪とは全然違う。


去年、私も歩きましたよ~!

四ツ谷にある「君の名は」のあの坂。


須賀神社に上がる坂道なんですが

この辺りも四ツ谷というだけあって

本当に坂道だらけ!

ああ~~もう、ワクワクします!(^q^)


東京にこれから行くときには