淀川三十石船に乗り、天満橋~枚方まで

最終更新: 2019年4月16日


新しくスタートする「AYU SANPO」


内容をお伝えするために、今までの「足跡」をご紹介します。





淀川を行き来していた「三十石船」に乗ろう!

今回は、江戸時代から明治まで実際に伏見~天満橋の八軒家浜を結び、淀川を行き来していた「三十石船」に乗ろう!というもの。


(これは、季節のいい春と秋のほんの一時期だけ天満橋と枚方を結び、運行されているんですよ。)


わ~お!


このオープンエアーなスタイルのお船なのねー!


これは横なぐりの雨だったらかなり濡れる感じよね(笑)


みんなで楽しみに乗り込みます!


連客の皆様は、85歳のお元気なグループもいらして私たちは超若手(笑)



普通は満席じゃないのに、今日は満席だそう!


「きっと私達、御一行様のおかげだわ!」なんと、残席すべて買い占め、総勢14人ですからね!(笑)


船頭さんが、軽妙にいろんな説明をして下さるのでとっても楽しいです!


天満橋を出発し、桜並木が続く大川を行き大阪城もこんにちは!



たくさんの個性的な橋の下を通り抜け初めて「毛馬の閘門」を通過します!




けまのこうもん、けまのこうもん・・・

小さい頃から知ってましたが、こんな仕組みになってるんですねー!



大川と淀川の水位の違いを調整するためなんですね~!

(水面の高さが違うなんて、知らなかった~~!!)


まず、1つ目のゲートが上がります。

マジンガーZみたい(笑)水がザザ~~~!っと。。。


青信号になると、お船が進み、ゲートが閉じます。


2つ目のゲートが上がり進路(淀川)から川の水が入ってくるにつれ少しずつ、水位が上がってお船がどんどん浮かび上がっていきます!