_X8A7438.jpg

着物マジックとは

あなたがご自分で着物を着て、好きなところにお出かけできるようになったら、ご自分がどうなれると思われますか?

きっとあなたの想像以上の素敵な着物マジックを体験できます!

​その着物マジックとは・・・

​①いつもと違う「上質な私」になれる

着物を着るとなぜか背筋がすっと伸びて、姿勢が良くなります。

お洋服とは違って、立居振る舞いも自然と女性らしくなり、優雅な女性になった気がします。

​やっぱり着物は目立つので、自然に人の視線も意識して、いつもと違う「女優気分」の私になれるから不思議♪

​お人の印象にも残りますので、出会いやご縁にも恵まれます。

自分を丁寧に扱うことができるからか、自然に周りの人にも優しくなれるんです。​

今の私より、5年後、10年後の私が楽しみになる。それってすごく楽しみではありませんか?

​②VIPになれる

あなたが着物を着て街に出たら、きっと周りの人の対応が違うことを実感すると思います。

お店に行くとなぜかいいお席に案内されたり、「これをお使い下さい」とあなたにだけナプキンを渡されたり、電車の中や信号待ちをしていたら「素敵ですね~!」と声をかけてもらえたり、外国人の方に写真撮影を求められたり。

道を歩いていても、追い抜く車さえも、スピードを緩めて気を付けて追い越して下さるくらいです!

​お洋服では有り得ないようなことが普通になり、いつもVIP待遇が受けられるあなたになれます。

​そして、何より、着物を着て行ったことをお相手にも喜んで頂けるのです。自分が楽しいだけではなくて、周りの人にも喜んで頂けるなんて、本当に魔法のような装いですよね!​

​③装いに「気持ち」を表すことができる​

着物という装いの素晴らしいところは、装いに「気持ち」や「メッセージ」を表すことができるところです。

例えば、「おめでとう」や「お祝い」の気持ちを柄に込めたり、お相手に敬意や御礼の気持ちを表したり、お悔やみの気持ちをも表すことができます。

季節の移ろいや歳時記、行事はもちろんのこと、その場に臨むにあたっての自分の立ち位置やお相手の格をも表すことができます。

​黙っていてもこれだけのメッセージを発することのできる装いは、世界を見回しても類を見ないのではないでしょうか。

​④「思い」や「歴史」を受け継ぐことができる

ずっとたんすに入ったままの両親がお嫁入支度に持たせてくれた着物。田舎のたんすに眠ったままのおばあちゃんの着物。○イセルに電話する?(笑)

いえいえ、それはなんともったいないこと!

1つずつに思いや歴史があった大切な着物をぜひあなたが着てあげて下さい!着物たちも息を吹き込まれ、生き返ることができますし、何よりもご両親もおばあちゃんもどんなにかお喜びになることでしょう!

そして、それを着て街に出ると、何十年も前のものなのに、ちゃんとあなたを輝かせてくれるのです。

新しい着物であっても古着であっても、あなたが着物を着ることで、長い年月かけて培われてきた日本の文化も受け継ぐことができるのです。

​⑤体に優しい

長年、日本の風土に根付いてきた着物。

「着物は苦しい」と思っている方の方が多いかもしれませんが、実は自分で着れば苦しくないのです。

お腹を温め、腰を支えてくれるので、腰痛持ちの方はお洋服よりもラクだとおっしゃいます。

また、無理なパンプスで痛めつけられた足の指も、草履でのびのび~。

自然素材の絹に包まれる贅沢感、多少の太った痩せたのサイズ変更にも対応できるし、直してずっと着られます。

まさに着物は​今流行りのSDGsそのものです。