絶景!湖中大鳥居の近江最古のパワースポット@白鬚神社

こんにちは!

AYU FRIENDSの山口あゆ美です。


この景色、

きっとご覧になったことが

あると思います。


なんとも神秘的で美しいこの景色は

琵琶湖西岸、高島市にある

白鬚(しらひげ)神社。


少し前までは

だあれも知らない場所だったのに

今や、SNSのおかげで

外国人も訪れる

パワースポットとしても有名な神社です。


こちらの神社の由緒は

観阿弥作の謡曲「白鬚」にも

見て取れます。


少し長いですが

あらすじに見られる由緒を

簡単に下記します。


帝に霊夢があり、

白鬚明神の地に

勅使(帝の使者)が立つ。

のどかな春の

白波美しい白鬚の宮に着くと

釣りをする翁と若者に会う。

翁は勅使に白鬚明神の縁起を語る。


釈迦入滅後、

琵琶湖のこの地に目を留められ

釣り糸を垂れていた翁に

この地を仏法結界の地とするので

譲るように告げるが

釣りをするところがなくなるからと

翁は断った。

その時、薬師如来が現れ

我は二万年前からここに住む主で

翁は我を知らないだろうが、

この山で仏法を開くべし、と言う。

翁も仏法を守ると誓い、

実は自分は白鬚明神だと明かす。


夜になると、勅使の前に

白鬚の神が出現、

空からは天女が、

湖水からは龍神が現れ

舞を勅使に見せて

夜明けとともに神々は飛行して去る。


社伝によると

ここ白鬚神社は、近江最古の大社で、

第11代垂仁天皇の創建(約2000年前)、

第40代天武天皇(675年)の勅旨をもって

比良明神の号を賜る、とのこと。


比良明神とはこの美しい山の神。

湖西をだんだん北に行くと

悠然と美しい姿が現れて

いかにも神の山、という神々しさ。



湖中大鳥居から見て一直線上の

道を挟んで山側に

本殿と拝殿があります。