御食つ国若狭でうなぎランチとおいしい日本酒早瀬浦

こんにちは!大阪・枚方・着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルの山口あゆ美です。




若狭日帰り旅行のランチタイムは、熊川宿から三方五湖方面へ走った三方にある うなぎや源与門 へ。




ここ若狭の国は、古代から御食つ国(みけつくに)と言い、都に海産物や塩などの豊富な食材を送ってきたのです。





この辺りにはうなぎ屋さんがたくさんあります。

その中でもこちらのお店はビブグルマンにも選ばれた有名店のようで、雨の平日、開店前に行ったにも関わらず、私たちは2回転目、30分待ちでした(◎_◎;)




注文したのはうな重♪(注文してから捌いて焼くため、30分待った(;^_^A)





蒸さずに焼いてあるため、皮目はパリッとした食感。好みです♪

タレはあまり甘くもなく、辛くもなく、うん・・・私はもっと東海地方の甘辛~~~いのが好きなので、ちょっと物足りない気はするけど、これも好みの問題。




お米が小粒で粒だっていて、とってもおいしかったのがさすがに福井のお米♪

ごちそうさまでした~!





うなぎ屋さんをあとにし、以前福井で飲んでおいしかった日本酒の酒蔵を目指します。





三方五湖のひとつ、久々子湖(くぐしこ)の先にある早瀬という漁村にある三宅彦右衛門酒造へ。




そぼ降る雨の中、細い路地を抜けると立派な白壁の酒蔵が現れました!





お昼休みのようで、「こんにちはー!」と言っても誰もいません。。。