top of page

百穴古墳群、志賀の大仏@滋賀里・南滋賀

更新日:2021年11月9日

こんにちは!大阪・枚方の着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルの山口あゆ美です。



今日のあゆ散歩は大津市の滋賀里・南滋賀。



ランチはアンティミーバーガーで国産黒毛和牛100%のパティを使ったというアメリカンスタイルのハンバーガーで有名なお店で、いちおしのプレミアムパイナップルチーズハンバーガー(1500円)を。




足組んでラッパ飲みしてるおばたん(^^;

ビールじゃなく、ウィルキンソンのジンジャーエールですから!(笑)



1500円のハンバーガー。。。はい、1回食べたらもういいかな(^^;(ごめんなさい)




そのあと、デザートには、宇治川餅大津店へ。



こちらは本当に村の中にあります!!

幹線道路から急に田舎の細~~い道になり、村の中を上がっていくとひっそりとあります。

こちらは宇治にあるお茶団子のお店の工場みたいで、出来立てを買えるってことですね!ラッキー!




どれもびっくりのお安いお値段で、全部がおいしそうで、思わず全種類買ってしまいました(^^;






抹茶ぷりんを買って、お店で食べてしまいました!

ご親切に、おいしいほうじ茶をいれて下さり、店先にて頂きました♪







とってもなめらかで、お抹茶の蜜をかけて頂きます。

おいしかった~~♪また来よう!



そして、近くにある百穴古墳群へ。




この古墳の前の道は、旧山中越えの道。

滋賀と京都を結ぶいくつかのルートのひとつで、ここから北白川まで通じていたのです。

(今の山中越えのルートはこの道ではありません。今は車が通れない場所もあるので注意!)




細い坂道の村の中の道を上がっていき、外れの山にその百穴古墳群はありました。




今から1400年前、古墳時代後期に造られた横穴式石室を土で覆ったものが、山の斜面にたくさんたくさんあります!スマホでは全体が写りませんが、こんな石室がしっかり残った古墳が山の斜面にいっぱい!





中には2~3人の人が葬られ、金のイヤリングや銅のブレスレット、土器、また特徴的なのが金のミニチュアの炊飯具セット(かまど・窯・甑・鍋)が一緒に埋葬されていたそうです。




古墳時代後期には全国各地でたくさんの古墳が造られましたが、石室がドーム状で、ミニチュアの炊飯具セットが納められているという特徴は、ほとんどが大津市の坂本~錦織にかけてにだけ見られるもので、渡来人に関係するのではないかと考えられているそうです。




この辺りは今でも地名残っていますが(錦織という地名あり)渡来人の氏族が数多く住んでいたんです。




古墳には村のお墓らしき墓石もたくさんあり、お花やお水のお供え物もされていて、ずっと地域の人たちに大切に祀られてきたことがわかります。







百穴古墳群の前の道をさらに奥に進むと、志賀の大仏が。

大きくて優しいお顔です。








この道は滋賀と京都を結ぶ道のひとつ、山中越えという旧道。