アラフィフの浴衣+半幅帯レッスン

こんにちは!大阪・枚方・着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルの山口あゆ美です。




先日はぷーちゃんのことでたくさんの皆様から温かいお気持ちとお言葉を賜り、本当にありがとうございました。

ぷーがどんなに大勢の皆様から愛されていたかを改めて知り、心からありがたく思いました。




さて。。。



ぷーも大好きだったTちゃんが、先日お仕立てに出していた浴衣を取りに来て下さり、早速浴衣と半幅帯のレッスンを受講して下さいました。




お稽古の最中はお写真取れず(;^_^A




仕上がりはこちら♪

私がTちゃんに選んだ浴衣は、雪花絞り風の浴衣です。

Tちゃんのかわいらしさと、白とグリーンのコントラストでキリっとして素敵でしょう?(*^^*)

Tちゃんのはっきりしたお顔立ちにとってもお似合いです♪





Tちゃんいわく「自分サイズの着物ってこんなに着やすいんですね!ノーストレス!」




そうでしょう(*^^*)




だって

上前、下前を合わせるのも、普通に持って、普通に合わせればピッタリ決まるしね!





特にこんな木綿の着物でバチ襟だと、何にもしなくても襟も抜けるし、胸元もぴったりするし。まさにノーストレス!




こんな風に自分サイズのお仕立ての着物を着ると、やっぱり古着じゃなく、自分サイズのお仕立ての着物が欲しくなります。。。(笑)





今日はおとな(アラフィフ)の浴衣について。





私が思うに、アラフィフが浴衣を「浴衣」として着ていく機会ってそうそうないと思うんです。若い子ならばデートでお祭りとか、花火大会とか、祇園祭とか、縁日とか・・・いくらでもあると思うのですが( ´艸`)私たちはなかなかそんな機会もないし(;^_^A今はまたコロナでお祭りや花火大会もない状態です。




また、浴衣は読んで字のごとく、お風呂上りに着る衣。お風呂上りどころか、お風呂で着る湯浴み着ですから・・・まあ元は寝間着や下着に近い感覚かと。。。裸足でね。




今でこそ、浴衣でお昼間からお出かけしますけどね。




そう思うと、私たちアラフィフがあまり恥ずかしくなく着る浴衣は、半襟+足袋で、帯はお太鼓にしていくとかなり安心感あります。お尻も丸出しじゃなくなるしね(笑)




いわゆる、夏の小紋として着る、ということ。

(その着方はまたご紹介しますね!)




今回Tちゃんは、半幅帯で着てお出かけできるようにといらして下さいました。




大人の浴衣の半幅帯のポイントは、簡単でかわいさもあり、お尻がモロに見えないこと!




若いお嬢さんがしているお文庫(リボン)はかわいいのですが・・・私たちはお尻が丸見えになるというのがあり、ちょっと恥ずかしい。。。




「じゃあ貝の口は?」というと、これもぺちゃんこでお尻の上に乗っかっていて、いいような悪いような・・・案外形を粋に作るのが難しいしね。。




なので今回お教えしたアレンジはある程度ボリュームもあり、お尻もなんとなくいい感じで隠れて、しかも簡単でテキトーでもそれなりに様になる、という優れもの( ´艸`)






まあ言ってしまえば、浴衣の帯結びは決まりはないです!

自由にアレンジしてみて下さい(*^^*)




今回は無地の半幅帯なので、こんな風に帯締めに帯留をするとアクセントになり、より大人っぽくなりますね。





帯留をするときは、三分紐で。

私は鼈甲の鮎ちゃんの帯留をアクセントに。





浴衣に下駄をつっかけてお出かけできるところに行きたくなりました(*^^*)




ぜひこの夏のお出かけに、この浴衣を何度もお召しになって下さいね~!




#浴衣

#浴衣に半幅帯

#半幅帯

#大人の浴衣

#帯留

#夏の着物コーデ

#着物コーデ

#着物買い物同行

#着物古着屋さん買い物同行

#垢抜けコーデをセレクト

#新しい自分に出会う

#アラフィフからの着物

#着物レッスン

#着物初心者

#着物でお出かけ

#着付けレッスン

#初夏の着物

#枚方着物

#枚方着物着付け教室

#大阪着物着付け教室

#山口あゆ美

#サロンドヴィーヴル

#すぐに着られる着付け教室

#マンツーマンの着物教室



閲覧数:173回

最新記事

すべて表示